コロナ後の受験対策(中学生)

長かった休校措置が解除され熊本県も6月より学校が再開されますね。中学校は6月1日~5日は半日授業で8日(月)から通常授業が始まります。
5月も臨時登校という形で、
龍田中は26日(火)~27日(水)
楠中は25日(月)~29日(金

の間で学年、クラス、出席番号での分散登校が始まります。

中3生の皆さんは高校受験がどうなるのか不安だと思いますが、熊本県については習っていない単元が出題されることはありません。

ただ、このまま夏休みを削って授業を進めたとしても昨年までと同じ範囲で出題されることは難しいと考えています。

現時点で考えられるのは、1年2年の範囲を中心にこれまでよりも深い内容になるでしょうから単元ごとでの得意不得意は致命的です。

3年生の内容もどうしても進度が早くなってくるでしょうからこれまで以上に予習の比重が高くなってきます。

城南コベッツでは7日から授業を再開していますが、4月も含め基本は予習を中心に進めています。

学校のWEB授業の様子を聞いても「塾でやった内容だから良くわかった」という感想がほとんどです。

そしてこれは私(教室長)の個人的な考えですが、9月入学の議論もありますが

今のこの日本の政治体制でこれだけ大きな改革を半年足らずでできるとは到底思えません。

9月入学が世界標準的にもベストだと思いますし、私はどちらかといえば賛成派です(桜が無いのは寂しいですが受験時期の大雪やインフルエンザの心配もありませんし)が、少なくとも今年の9月から変わることは無いと考えています。

受験生の皆さんは色んな情報が入ってきて不安だと思いますが、今は学校再開と通常授業開始に向けて課題だけでなく予習復習を出来る

「勉強体力」をつけていきましょう!